薬に頼らず血糖値を下げる方法〜著・水野雅登医師

薬に頼らず血糖値を下げる方法※画像出典:Canvaで自作
 
 
「糖質制限実践者」(CRP : Carbohydrate Restricted Practitioner)のブログ管理人「ShiGe☆」です。以下、「私」と書きます。
 

本記事のサマリ
水野医師が著す『薬に頼らず血糖値を下げる方法』(以下、「本書」と記します)は、他の糖質制限関係書と比較すると、少し理屈っぽいです。
 
実は、理屈っぽいからこそ、「糖質制限の背景にある理屈」を知りたい方には、ぴったりの本です。それがアイキャッチ画像に書いてある2つの理屈をしっかり理解できるという本書の特徴なのです。
 
_/_/
 
ところで、本書を読むと、糖質制限を支持し、臨床で活用し続けている医師たちの連携の和を感じられます。
 
真実(世間では非常識と言われている新常識のこと!)は、真実を見る目を持つ医師たち、そして、彼らの元で糖質制限を実践してきた人々によって、確実に浸透していくと確信できます。

『薬に頼らず血糖値を下げる方法』の主張は…

 

 
水野雅登(まさと)医師著『薬に頼らず血糖値を下げる方法』の紹介をはじめます♪
 
そもそも本書の主張はこのようなものです。誤解を恐れず、私が「超訳的にまとめ(サマリ)」をしてみますね。
 

超訳的独自サマリ♪
臨床において糖質制限を活用している医師たちには、1つの共通点があります(後述します)。
 
本書の著者・水野医師も同じ。そのあたりの状況が「はじめに」で生々しく書いてあります。
 
水野医師は、自分が「非アルコール性脂肪肝炎(NASH)という状態になったことを機に、糖質制限の実践をはじめます。
 
その効果に驚愕した水野医師は臨床でも糖質制限を活用し、なんと「2型糖尿病患者さん全員が脱インスリンに成功したのです」という状況を生み出します。
 
以上の書き出しは具体的で生々しく、読む者が読み続ける大きな動機付けとなります。しかし…
 
読み進めると、思った以上に理屈っぽい本であることに驚くかもしれません。その理屈っぽさこそが、本書の特徴なのです。
 
_/_/
 
本書の主張は一言でいうとコレです。
 
  • 理屈をしっかり提示することで糖質制限実践を支える本
 
そして、糖質制限を成功させるポイントは、こういうことです。
 
  • 糖質過多は糖質依存という状況につながり、糖質制限を実践するには糖質依存を打破する必要があります。そのためのポイントは2つ
    • 糖尿病治療に伴う、古い常識を打ち破ること
    • 糖質制限の敵となる代謝の崩れを起こしてしまう鉄不足に対処すること
 
また最終章(第6章)では、糖質制限実践において経験する疑問点などにフォーカスした「Q&A」があります。
 
糖質制限実践をした人、している人は「様々な疑問や壁が立ちはだかる」ことを知っています。
 
つまり、事前にそれらの「疑問や壁」を知っておくことは、糖質制限を無事に成功させる大きなポイントになるのです。
 

『薬に頼らず血糖値を下げる方法』内容構成

 
本書の特徴を一言で言うと「糖質制限実践の壁打破を理屈(理論)で支える」ということです。
 
糖質制限実践の大きな壁は、それまでの生活で根付いた糖質依存。
 
その糖質依存は思いのほか強く、糖質実践の初期において「糖質制限を断念する」原因となります。
 
そこで糖質依存を打破するためには…
 
というのが前述した2点です。繰り返します。
 

  • 糖尿病治療に伴う、古い常識を打ち破ること
  • 糖質制限の敵となる代謝の崩れを起こしてしまう鉄不足に対処すること
 
_/_/
 
では、本書の構成です。
 
著者・水野医師が糖質制限を自ら実践に至った経緯をしるした「はじめに」を除く5章については、下記のような構成になっています。著作権の関係から、目次を生で出せないので、章タイトルについては、適度に書きかえています。
 
章立て
  • 第1章の内容〜糖質制限で糖尿病が良くなる
  • 第2章の内容〜糖質がいかに体に悪影響を与えているか
  • 第3章の内容〜糖質制限実践で、どう変わるのか
  • 第4章の内容〜糖質制限の実践論編
  • 第5章の内容〜糖質制限実践で向き合う疑問・壁
 

医師たちの真実の輪

 
本書の著者・水野医師は、糖質制限をするにあたって、夏井睦(まこと)・医師の『炭水化物が人類を滅ぼす』を読んで、「今日から主食をやめる」と即実行に至ったと記しています。
 
夏井睦・医師の同本は、「珠玉12冊」のなかに入れている1冊です。
 
そして、夏井睦医師も、昔から糖質制限を提唱している荒木医師に影響されて糖質制限を実践したと『炭水化物が人類を滅ぼす』のなかで書いています。
 
ところで、水野医師の本書のなかには、夏井睦医師だけでなく、他にも糖質制限を実践し、臨床で活用して多大なる成果をだしている他の医師の名前も繰り返し出てきます。
 
その1人が、糖質制限の第一人者とも言われている江部康二医師。「珠玉12冊」のなかには2冊ある本の著者です。
 
そして、もう1人が、産科医の宗田医師。「珠玉12冊」のなかに3冊ある本の著者です。
 
本書『薬に頼らず血糖値を下げる方法』を読むと、水野医師、江部医師、宗田医師がタッグを組んでの臨床事例などにも言及する部分があります。
 
これが「真実の輪」です。
 
_/_/
 
そうそう、ものすごく大切な情報を書き忘れそうになりました(^_^;)
 
YouTubeには水野雅登医師の素敵な動画がたくさんあります。本書を含めて、ぜひ、ご覧ください♪
↓ ↓ ↓ ↓
こちらからどうぞ♪
 

まとめ

 
薬に頼らず血糖値を下げる方法※画像出典:Canvaで自作
 
 
「珠玉12冊」の1つ、水野雅登医師著『薬に頼らず血糖値を下げる方法』を紹介させていただきました。
 
繰り返しですが、本書の特徴はコレです。
 

  • 糖質制限実践の壁打破を理屈(理論)で支え、読者に自信をくれる♪
 
なお、水野医師はYouTube動画もたくさん出しています。本書とともに、動画も見ていただくと、効果抜群だと思います。
 
本書を読み込んで、ブレることなく自信を持って糖質制限実践を継続しましょう!
 
※アイキャッチ画像はCanvaで作成しました。
 

error: Content is protected !!