• サイト管理人と糖尿病
    サイト管理人からのご挨拶、そして、「当サイトの想い」について
    2018年2月9日
  • サイト管理人と糖尿病
    サイト管理人は「2型糖尿病」になるべくしてなった!?とんでもない生活習慣!!
    2018年2月9日
  • 糖尿病と向き合う
    糖尿病とは〜糖尿病をあなたの人生のチャンスにするためにやるべき3つのこと!?
    2016年11月30日
  • 糖尿病と向き合う
    「2型糖尿病」について〜自身の「やる気管理」が大切です♪
    2016年11月30日
  • その他
    サイト管理人が読んだ糖尿病関連書籍一覧、簡単な紹介文付き♪
    2016年11月29日
  • 糖尿病の知見を深める
    『患者さんとその家族のための糖尿病治療の手びき2017』〜糖尿病若葉マークさんにお薦めの1冊
    2018年2月9日
サイト管理人が読んだ糖尿病関連書籍一覧、簡単な紹介文付き♪
diabetes blue 3d realistic square isolated button

 

 本記事のサマリ 
サイト管理人が実際にこれまでに読んできた糖尿病関連書22冊を簡単なコメントと共に紹介させていただきます。
「糖尿病のなんたるかを知るためのきっかけ」にしていただけると嬉しいです。
 

リストは玉石混合かも!?

サイト管理人「クロスケ」は医療関係者でもありませんし、医療の専門知識も持っていません。だからこそ、自分が「2型糖尿病」になって、「糖尿病のなんたるか」を十分に理解しなくてはと思い、いろいろな関連書籍を読んできました。
 
振りかえると、「これはどうなのかな」と思うものもありましたが、ここでは、そういう疑念はさておき、サイト管理人「クロスケ」(以下、「私」と記します)が読んだものを全部リストにしてみます。1冊でも、あなたにとって興味の持てるものがあれば嬉しい限りです。
 
なお、以下の紹介の順番は特に意味はありません。アトランダムです♪
また、それぞれ表紙をお見せしたいのでAmazonを活用させていただきます。
もう一つ注記を...。
<Amazonの「なか見!検索」あり>とある書籍、あるいは<Kindle版(電子書籍)>がある書籍については、書籍の中身を確認することができますので、必要に応じて活用ください♪

『糖尿病の食事はここだけ変えれば簡単にヘモグロビンA1cが下がる』


 

  • 副題:真面目な人ほど間違っている!
  • 著者:栗原クリニック東京・日本橋院長、栗原毅
  • 価格:1,404円(税込み)
  • 発行:主婦の友社
  • 発刊:2016年5月20日、第1刷
  • 特記:「なか見!検索」なし&Kindle版なし

 
【管理人コメント】
『糖尿病の食事療法の正解は「糖質チョイオフ」』を提唱する著者。
テレビ情報などでちょいちょい流れる「血糖値をあげないための食事に関する情報」のほとんどは網羅されています。具体的な食べ方の知識をおさらいするという点ではいいと思っています♪

『炭水化物の食べすぎで早死にしてはいけません』

  • 副題:生活習慣病を予防&改善する糖質制限食31のポイント
  • 著者:高雄病院理事長、江部康二
  • 価格:1,404円(税込み)
  • 発行:東洋経済新報社
  • 発刊:2014年10月31日、第3刷
  • 特記:Amazonの「なか見!検索」あり
  • 特記:Kindle版あり、1,123円(税込み)

 
【管理人コメント】
バリバリの糖質制限で有名な(?)江部先生の著書。
それにしても、最近の書籍はキャッチーさを狙うあまり、タイトル長過ぎです(笑)。
江部先生の主張はこれです。

  • 日本の四大死因、五大疾病は糖質制限で予防できる。

四大死因とは、がん、心疾患、肺炎、脳血管疾患。
五大疾病とは、がん、脳卒中、心臓病、糖尿病、そして、精神疾患です。
内容が気になる方はAmazonの立ち読み(「なか見!検索」)で、この主張部分を読むことができます♪

『主食を抜けば糖尿病はよくなる!2「実践編」』

  • 副題:糖質制限食の応用法
  • 著者:高雄病院理事長、江部康二
  • 価格:1,512円(税込み)
  • 発行:東洋経済新報社
  • 発刊:2014年3月27日
  • 特記:Amazonの「なか見!検索」あり
  • 特記:Kindle版あり、1,210円(税込み)

 
【管理人コメント】
「江部先生が主張する糖質制限」をやるかやらないかは別にして、その具体的な内容を理解するには、いい本だと思います。なお、もしあなたが糖尿病の場合で、「江部先生が主張する糖質制限」を実施しようとするならば、事前に、糖尿病専門の主治医と相談してからにしましょう。

『「糖尿病治療」の深い闇』

  • 副題:糖質制限食はなぜ異端視されてきたのか
  • 著者:桐山秀樹
  • 価格:1,512円(税込み)
  • 発行:東洋経済新報社
  • 発刊:2011年11月3日
  • 特記:Amazonの「なか見!検索」あり
  • 特記:Kindle版なし
  • メモ:現在Amazonでは中古扱いのみです。

 
【管理人コメント】
日本では、いろいろ風当たりが強い「糖質制限食」について、その異端の背景を探った1冊。
帯コピーを紹介しますね。

米国糖尿病学会も認める効果抜群の食事療法を、日本ではなぜ認めようとしないのか?
話題の食事療法により糖尿病が劇的に改善したノンフィクション作家が旧来の治療法に固執する医学界の実体を告発。

 
判断はあなたにお任せします♪

『糖尿病は歯ブラシで治せる』

  • 副題:歯の汚れが血糖値を上げる!
  • 著者:栗原毅・栗原丈徳共著
  • 価格:1,404円(税込み)
  • 発行:マキノ出版
  • 発刊:2015年9月5日
  • 特記:Amazonの「なか見!検索」あり
  • 特記:Kindle版あり、1,300円(税込み)

 
【管理人コメント】
内科医の父(栗原クリニック東京・日本橋院長)と歯科医の息子(栗原クリニック東京・日本橋歯科医師)のコラボ書籍です。
 
糖尿病と歯周病は密接な関係性があります。糖尿病の悪化は歯周病の悪化を招き、また、歯周病の悪化は糖尿病の悪化を招くという怖い関係性です。そこでオーラルケア(口腔内衛星)で糖尿病を抑えようというのがこの本の主張です。
 
とくに第2章『「歯周病-脂肪肝-糖尿病」の負のスパイラル』は、糖尿病の怖さを知り、それを治療への動機づけにつなげる意味でも、一読をお勧めします。

『糖尿病は薬なしで治せる』

  • 副題:なし
  • 著者:東京薬科大学教授、渡邊昌
  • 価格:864円(税込み)
  • 発行:角川書店
  • 発刊:2006年11月15日
  • 特記:「なか見!検索」なし
  • 特記:Kindle版あり、800円(税込み)

 
【管理人コメント】
タイトルの「糖尿病は薬なしで治せる」は可能性であり、医療知識のない普通の患者には少し難しいかもしれません。というのも、糖尿病になった著者は、バリバリの医師だからです。医学的知識があるからこそ、自らを客観的に見て、適切な治療選択ができるのだろうと思います。
 
それでも、私のまわりには「とりあえず薬物治療を一端終えることができた」方々がいることは事実です。なので治療の将来に希望を持てる体験記としては面白いと思います。しかし、実践するには、あなたの糖尿病専門主治医の指導が必要です♪

『薬が減らせて、血糖値にもしばられない糖尿病最新療法2』

  • 副題:なし
  • 著者:医学博士、岡本卓
  • 価格:864円(税込み)
  • 発行:角川書店
  • 発刊:2012年9月25日、第1刷
  • 特記:Amazonの「なか見!検索」あり
  • 特記:Kindle版あり、611円(税込み)

 
【管理人コメント】
内容的には糖尿病と「うつ」・「認知症」との関係性について語る部分は一読がちょいお薦めです。
しかし、タイトルにある「薬が減らせて」とか「糖尿病最新療法」という点では「なるほど!」と思うところが少ないなぁ...というのが正直な感想です。あくまでも医療知識のない私の感想だということをご了承ください。

『ずぼらでも血糖値がみるみる下がる57の方法』

  • 副題:糖尿病の名医が教える、ガマンなし、挫折なしで血糖値を下げる方法!
  • 著者:医学博士、板倉弘重
  • 価格:1,028円(税込み)
  • 発行:アスコム
  • 発刊:2014年4月16日、第1版第31刷
  • 特記:Amazonの「なか見!検索」あり
  • 特記:Kindle版あり、864円(税込み)

 
【管理人コメント】
糖尿病治療若葉マークさんたちが、食事療法等の実践にあたって、より具体的でわかりやすいことを、とりあえず知識として取り入れるのには適しているかもしれません。

『血糖値は3日で下がる!』

  • 副題:今すぐできる「糖尿病」劇的改善プログラム
  • 著者:管理栄養士・健康運動指導士、佐々木由樹
  • 価格:768円(税込み)
  • 発行:ソフトバンク
  • 発刊:2011年3月25日、第1刷
  • 特記:Amazonの「なか見!検索」あり
  • 特記:Kindle版あり、730円(税込み)

 
【管理人コメント】
個人的に糖尿病の書籍について「キャッチー過ぎるタイトル」は嫌いです。でも、しっかり購入して読んでしまいました(笑)。
読んでみると、著者は「管理栄養士」でもあり、かつ、「健康運動指導士」でもあるので、実際に参考になる情報がたくさんあります。でも「血糖値は3日で下がる」という点については、あまりこだわらない(期待しない)ほうがいいと思います。

『糖質制限の真実』

  • 副題:日本人を救う革命的食事法ロカボのすべて
  • 著者:山田悟(医師)
  • 価格:842円(税込み)
  • 発行:ソフトバンク
  • 発刊:2011年3月25日、第1刷
  • 特記:「なか見!検索」なし
  • 特記:Kindle版あり、240円(税込み)

 
【管理人コメント】
Kindle版が激安です(笑)。
この本、ロカボ、いわゆる糖質制限について、有名どころのいくつかを含めて解説している一冊です。ト糖尿病治療のための糖質制限について興味のある方、疑問を抱いている方、双方、一読して損はない本だと思います。

『糖尿病を自力で治す 最強療法』

  • 副題:やせる成功率93%!
  • 著者:マキノ出版ムック「壮快」特別編集
  • 価格:864円(税込み)
  • 発行:マキノ出版
  • 発刊:2014年9月3日、第1刷
  • 特記:Amazonの「なか見!検索」あり
  • 特記:Kindle版なし

 
【管理人コメント】
ムック版でサイズが大きい(A4版)なことが一番素敵な点です♪
総頁数は100を切っており、図表・イラストも多く、読みやすいのもいいです。
パラパラめくって楽しみながら読む本です♪

『血糖値コントロール』

  • 副題:誰でもカンタン!今からはじめる
  • 著者:順天堂大学特任教授、河盛隆造監修
  • 価格:529円(税込み)
  • 発行:笠倉出版社
  • 発刊:2015年10月10日、初版
  • 特記:Amazonの「なか見!検索」あり
  • 特記:Kindle版あり、432円(税込み)

 
【管理人コメント】
糖尿病患者が読むというより、糖尿病予備群、あるいはメタボと診断された方がパラパラと読むには適した本だと思います。
 
ムックでA4サイズというのもいいです♪

『高雄病院の「糖質制限』給食』

  • 副題:糖尿病・肥満を克服する
  • 著者:高雄病院理事長、江部康二
  • 価格:1,728円(税込み)
  • 発行:講談社
  • 発刊:2012年8月27日、第5刷
  • 特記:Amazonの「なか見!検索」あり
  • 特記:Kindle版なし

 
【管理人コメント】
極端なロカボ(糖質制限)として有名な江部先生の「糖質制限食」。
この本はその概略説明をしつつ、メインは実践で使うためのレシピ本です。
糖質制限にいろいろ思うところがある方も、このレシピ本で料理をして食べてみるのはいいかも♪

『人類最強の「糖質制限」論』

  • 副題:ケトン体を味方にして痩せる、健康になる
  • 著者:江部康二(医師)
  • 価格:864円(税込み)
  • 発行:ソフトバンク
  • 発刊:2012年8月27日、第5刷
  • 特記:「なか見!検索」なし
  • 特記:Kindle版あり、800円(税込み)

 
【管理人コメント】
糖尿病の治療は生涯続きます。なので、江部先生も「一生不足らない食べ方」というように「生涯」を見据えた療法を提供してくれています。
 
糖質制限を実践する上での、とても具体的な注意点などが満載です。しかし...、しつこいですが、実践にあたっては、あなたの糖尿病専門医の指導のもとやりましょう♪
 
とくに、江部先生が提唱する「スーパー糖質制限」を主治医との連携なく自分だけでやってしまうのはリスクがあると思います。

『初めての2型糖尿病』

  • 副題:賢い患者になるための患者学
  • 著者:BTTクラブ
  • 価格:1,000円(税込み)Kindle版のみ
  • 発行:英徳社
  • 発刊:2012年9月1日、ePub発行
  • 特記:「なか見!検索」なし

 
【管理人コメント】
「賢い患者になるための」というフレーズに惹かれて買いましたが...。
第一印象は「難しい」です。
また、目次もないので、電子書籍なのに、めっちゃ読みにくいです。
気になる方は「Kindle版」の無料サンプルで中身をご覧ください。

『血糖値にぐぐっと効く生活習慣』

  • 副題:ズボラでも大丈夫!
  • 著者:医師ら6人の共著
    • 井藤英喜・板倉弘重他4人
  • 価格:1,026円(税込み)
  • 発行:主婦の友社
  • 発刊:2018年3月10日
  • 特記:「なか見!検索」なし
  • 特記:Kindle版あり、923円(税込み)

 
【管理人コメント】
今日(更新日)購入した1冊。コンビニで購入。
コンビニで糖尿病関連の書籍が買えるほど、糖尿病は国民病だということです。
 
内容は、糖尿病治療に役立つTips(コツなど)満載です。
糖尿病より人数の多い、糖尿病予備群の人たちにパラパラと見てもらい、治療動機に繋げて欲しい1冊です。それくらいわかりやすく、よみやすいです。
字もそこそこ大きくて素敵です♪
 
願わくば、最近コンビニにある類いの本としては、ジャスト500円を目指して欲しいところです。

その他

以下の書籍は別記事にて紹介しています。
ここでは「その他」となっていますが、ここに列挙する5冊が超お薦めです♪
なお、リンクを貼ってありますので、クリックで当該記事に飛びます。
そちらで詳細をご確認願います♪

  1. 『ホンネで話そう!糖尿病のABC』
  2. 『患者さんとその家族のための糖尿病治療の手びき2017』
  3. 『糖尿病治療ガイド2016-2017』
  4. 『糖尿部雄食事療法のための食品交換表(第7版)』
  5. 『カーボカウントナビ&2』

まとめ

「2型糖尿病」治療実践者として、私が実際に読んで、少なからず参考にしてきた書籍のリストを紹介させていただきました。
 
1冊でいいですから、手元において繰り返し繰り返し読み返す本ができれば、生涯続く利用の「友」になると思います。
 
そういう1冊が見つけられるといいですね♪
 
なお、本当に本当にしつこいですが、書籍の内容を実践したりする際には、あなたの糖尿病主治医に相談しながら進めるようにしましょう♪
 
※アイキャッチ画像はサイト管理人が使用権を購入した画像です。  

関連キーワード
その他の関連記事
  • サイト管理人が読んだ糖尿病関連書籍一覧、簡単な紹介文付き♪
おすすめの記事