<スポンサーリンク>


自堕落な生活

サイト管理人が「2型糖尿病」と診断されるまでの自堕落な生活を開示します。

こーゆー生活をしちゃダメですよという反面教師としてお使いください♪

以下、「2型糖尿病」になるまでの自堕落な生活習慣を中心に書きます。

 

これを読んでいるあなたが、まだ「糖尿病予備群=疑いのレベル」の場合は、下記のような生活状態を改めれば、「予備群」から抜け出ることができるでしょう。
ただし、「予備群」であっても、糖尿病専門医に一度診てもらうことを、強〜くお薦めします♪

「2型糖尿病」が発覚するまでの生活習慣全般

  • 喫煙
  • 飲酒
  • 過食&間食
  • 運動不足
  • 太りすぎ

生活習慣病につながる要素は全て持っている感じですね(泣)。


「2型糖尿病」が発覚するまでの食習慣

  • 食事の回数が多く、時間もまちまち
  • 噛まない、噛む回数が極端に少ない
  • 偏食、好き嫌い、甘い物好き
  • 間食が多い
  • 夜遅く食べ、そのまま直ぐに寝ちゃうこともしばしば

これを30年以上やっていて、問題が起こらないほうが不思議です(泣)。


「2型糖尿病」が発覚するまでの運動習慣

  • コンスタントに運動しない
  • 辛いこと、きついことが嫌い

「食っちゃ寝る」が一番大好き(泣)。


「2型糖尿病」が発覚するまでの健康診断結果に対する態度

  • 毎回の「要精密検査」を何年も、無視し続けた

「自分だけは大丈夫!」という全く根拠のない自信(泣)。


そんなサイト管理人、2014年に入ってから、身体の異常があったのです。

  • 何もしていないのに体重が少しずつ落ち始めた
  • 飲み水の量がとても増えた(やたら喉が渇く)

 

ここまで読んでいただけると、サイト管理人が「2型糖尿病」にまっしぐらに目指していた様子が良く判るのではないでしょうか(泣)。


さらにロングスパンで反省してみると…


ロングスパンで見た時のサイト管理人の体重

メタボ歴は、かる〜く四半世紀以上です!!

サイト管理人は身長161cmです。

大学へは1年浪人して入学しました。

浪人の1年間で体重が急増して、入学時は70kgオーバーでした。

入学してすぐに空手部に入ると、数ヶ月で体重は10kgほど減って、空手時代は、ほぼ59kgをキープしていました。

そのときの体験が元で

  • 体重なんて本気だせば数ヶ月で減らせることができるさ!

という妙な信念が構築されてしまったかもしれません。

 

社会人になった頃の写真を見ると、別人なガリガリです。

社会人になってからは、飲酒の機会が激増しました。

それでも、60kg半ばをキープしてました。

入社して5年で結婚。

それを機に著しく太りました。

それは結婚だけで太ったというより、ちょうどその頃の仕事がタイトでストレスフルであったことも原因であったと考えています。

とにかく、過食でしたから・・・。

 

で、30歳代前半には、体重は70kg半ばくらいになってしまいました。

その後、70kg半ばから80kg手前をいったりきたり・・・。

そんな自堕落なまま、アラウンド還暦を迎えたワケです。

サラリーマン時代は、健康診断で「メタボの烙印」を押されても、「要精密検査」となっても、毎回、無視し続けていました。

 

途中、何回かダイエットを試みましたが、本気でなかったためか、1回たりとも成功しませんでした。


ロングスパンで見た時のサイト管理人の運動習慣

約60年の人生の9割は運動習慣なし!!

サイト管理人は、高校でサッカー部、大学で空手部に所属していましたが、それ以外の運動体験は、ほとんどありません。

社会人になってからは、ランニングをしたりしましたけど、続くことはなかったです。

47歳のとき、突然、自転車に凝ります。

1日に200km超の距離を走ることもあり、月間の走行距離が1,000km超というときもありました。

自転車に熱中したピークは、いまから4年前くらいまでで、現在は、ほとんど走っていません(^_^;)

 

「2型糖尿病」宣告前の数年を振り返っても、コンスタントに運動する習慣は無いという状況でした。






ロングスパンで見た時のサイト管理人の喫煙習慣

喫煙歴、およそ40年!!

初めて喫煙したのは小学生のときです(T_T)

で、習慣化したのは大学に入ってからです…嘘、高校卒業するくらいからです。

社会人になってからも、ずっと喫煙していました。

途中、何回も禁煙をしましたが、最長1年間で、再開してしまいました。

喫煙量ですが、ピークは1日3箱です。

_/_/

自転車に乗り出して1年くらいのときに、突然、喫煙をして、以降、13年間、禁煙は続いています。

今後、喫煙することは「ない」と断言できます。


ロングスパンで見た時のサイト管理人の飲酒習慣

ほぼ毎日、そしてときどき倒れるほど飲酒を!!

飲酒しはじめたのは高校生のときです。

大学に入ると空手部ということもあり、倒れるほど、ちょっしゅう飲んでいました。

社会人になっても、倒れるほど飲むというノリで、たくさん飲んできました。

休肝日などというものは、まったく意識しませんでした。

糖尿病を宣告された年(昨年)も・・・

ほぼ毎日、飲酒していました。そして、記憶がなくなる飲んでしまうことも、度々ありました(^_^;)

 

ちなみに、「2型糖尿病」宣告(2014年9月22日)以降、酒は断っています。


ロングスパンで見た時のサイト管理人の過食などの食習慣

「飲む」ようにたらふく食べる。とんでもなく食べる!!

サラリーマン時代は、ほぼ毎日、飲んで帰っていました。

外で1人で飲むときは、そこそこ食べてしまうので、過食になります。

3食は腹一杯食べていました。

肉など脂モノ、そして炭水化物モノは大好きでした。

1日の摂取カロリーは計算したことがありませんが、年齢相応の摂取カロリーを遙かに上回っていただろうと思います。

しかも・・・

食事が早い。つまり・・・あまり噛まずに飲み込んでしまう。

そういう、どうしようもない食習慣を社会人時代だけでも30数年続けてきたことになります。


以上を振りかえると…

サイト管理人が「2型糖尿病」になったのは、当然の結果ですっ(>_<)

  • 太りすぎの状態が長かった
  • 運動不足の状態が長かった
  • 喫煙状態が長かった
  • 過食で、かつ、早食いの食習慣が長かった

等々。

 

これらを考えると、「糖尿病にならないのが不思議」という生活習慣だったわけです。

しかも、健康診断で「メタボ」や「要精密検査」のジャッジが出ても、無視し続ける。

ちなみに、サイト管理人の家系に糖尿病はいません。なので、サイト管理人の糖尿病は遺伝ではないと思います。

2014年9月22日の「2型糖尿病」の宣告は、自業自得です(T_T)

 

これを読んでいるみなさんのなかに、「糖尿病予備群」と診断された方で、サイト管理人のような生活習慣に思い至る方は、いますか?

その場合、その習慣を修正することで、「糖尿病予備群」を脱することができるはずです。

今なら、まだ間に合いますっ!!



注1)本記事は、すでに削除したサイトの記事をリライトしました。

  • 削除済みサイト「糖尿病(2型)治療ビギナーが、今後の生き方を考える」

注2)冒頭の画像の出典:pakutaso.com(フリー素材サイト)


<スポンサーリンク>