今日から1ヶ月、本気で運動療法に取り組みます〜週1で報告します♪

生活習慣

2型糖尿病宣告を受けて、治療を初めてからすでに2年8ヶ月。 HbA1cでいうと、宣告時の11.8から5.8まで下がったものの、このところはずっと7.0〜7.1で推移です。 カーボカウントは習慣化したのですけど、これじゃいけないということで運動療法も真面目に取り組むことにします。

食事毎のカーボ量目安設定〜カーボカウントを始めて10日余り

カーボカウント

この記事では、食事毎(間食含め)のカーボ量の目安、自分バージョンを計算してみました。 ちなみに、冒頭の写真は、購入したカーボカウントの本のなか「助六寿司」のカーボ量。 なんと「助六寿司」は、この1パックで6カーボ(1カーボ=炭水化物15g)!!!!

2017年、改めて糖尿病治療の目標を明確にしますっ!

生活習慣 カーボカウント

2016年は、12/28に2年振りの人間ドックをやって、それなりに酷い結果が出て良かったです。 負け惜しみじゃなくて、ホント、良かったです。 なぜなら、心機一転、もう一度、きちんと「2型糖尿病」と向き合う決意ができたからです♪

カーボカウント、ことはじめ

カーボカウント

カーボカウントの本、2冊がアマゾンから届きました。 この本に注目したのは、著者の管理栄養士・佐野喜子さんのことをサイトで読んだことです。 そして、佐野喜子さんのサイトを読むに至ったのは、12/28の人間ドックの結果が芳しくなかったからです。

怖い糖尿病合併症、「しめじ」に「えのき」に「歯周病」!?

合併症

糖尿病の合併症は、血糖値のバランスが崩れることで、血管周りに様々な障害が出ることで起きます。 糖尿病同様、糖尿病の合併症においても初期においては自覚症状がなく、なので、まるで潜伏するかのように着実に進行していくのです。 そして、気づいた、つまり自覚が出たときには、糖尿病も合併症も相当に進行してしまう...。 それは、命を脅かすレベルの怖いことなのです。

ページの先頭へ